誰にも言えない不倫・浮気、復縁、恋愛の電話相談ならラブララ

恋愛相談|もう好きではないのに「忘れられない人」がいる。けじめをつけたいのに、どうすれば?

「ラブララ」大人の電話相談室では、実際にあった電話相談の内容とラブララカウンセラーの回答をQ&A形式で無料で掲載しています。不倫相談・浮気相談/復縁相談/恋愛相談/離婚相談など、人に相談しにくく深く辛いお悩みを抱えた人のために、ラブララが少しでもお役に立てると嬉しいです。
ともこさん/35歳 公務員
ともこさん/35歳 公務員
私にはどうしても忘れられない人がいます。
最初、私は好みではなかったのですが、彼の熱意と必死な気持ちに惹かれて交際するようになりました。

しかし、真剣にお付き合いしていたと思っていたのは、私だけだったのか、私と付き合っていながら、彼は友人と旅行に行った時に知り合った女性と遠恋していたのです。
私は二股されているのではないかと疑いながら、彼とは交際を続けていました。

もちろん、所々、その女性のことを会話で持ち出しましたが、「あっちから勝手に好意もってくるんだよ」や「お金持ちの女性みたいだから色々奢ってもらえる」とか「俺が好きなのはともこだけ」など、いつも誤魔化されていたように思えます。
やがて、私と距離を置くようになり、彼は遠恋の彼女のもとへ行ってしまいました。

とても傷ついたのですが、環境が変化するうちに彼への気持ちも落ち着き、今では恋愛感情はないと思っています。
ただ、ふとした時に彼の事が思い出されて、変な気持ちになってしまいます。

彼がまだ好きとかではないはずなのに。
けじめをつけたつもりがついてなかったのか、もう思い出すこともしなくていいのに・・と考えてしまいます。

こんな気持ちをどうしたらよいかご相談させてください。
あなたも同じような恋愛のお悩みを抱えていませんか?その他の恋愛相談をもっと見る⇒
ラブララ相談員雪穂からの回答
ラブララ相談員の雪穂です。
恋愛相談していただきありがとうございます。

ともこさん、彼の二股の態度でとてもやるせない気持ちで、沢山心を傷つけられたように感じます。
彼は、遠恋の彼女へは本気で恋をしていないように思いました。

彼は、ともこさんの事が嫌いになったのではなく、どちらかというと、お金持ちの彼女の方が彼にとって【都合の良い女】になってくれるからそちらを選んだ。
そのように感じました。

そのようなお付き合いは、決して長続きしないでしょうし、おそらく彼の方もともこさんへの気持ちというのは、どこかでふんぎりがついてないかもしれません。
だからこそ、ともこさんへ、はっきり別れを告げることなく、二股をかけながら、徐々にともこさんとの距離を空けていく方法しかできなかったのかと思います。

卑怯なやり方かもしれませんが、彼にとっても、ともこさんの存在を完全に失ってしまうのは、怖かったんだと思います。
時間が流れて、彼への恋愛感情も冷めてきたのに、いまだに思い出したりすることは、ともこさんの中で、きっぱりと終わらすことができないからかもしれませんね。

記憶を消すことはできないので、気持ちを整理することが大切になってくるように思います。
そうすることで思いだすことも少なくなり、気持ちも楽になれるかと思います。

彼へわざわざ連絡して終わりを再度告げることはしなくて良いので、自分の中で苦かった思い出を受け止め、次の恋愛へ進む自分でいていいのだと、自分自身へ許可をしてあげてください。
今回の恋愛相談を機に、しっかりと自分で、もう終わったんだと腑に落とし込むことです。

どうぞ、肩の力を抜いてください。
ともこさんは、もう幸せになっていいのですから。
 続きを見る
この相談に回答したカウンセラー
雪穂
心理キャリア16年。あなたを根本から幸せにします!
カウンセラーの詳細を見る
他にも、恋愛経験豊富なラブララのカウンセラーが多数回答!恋愛相談のQ&Aはコチラ≫
ラブララ相談員亀岡 さくみからの回答
ラブララ相談員の亀岡さくみです。
忘れられない人についての恋愛相談ですね。

誰にでも「忘れられない人」はいるのではないでしょうか。
そして、「忘れられない人」が心の中にいても、また次の恋愛に進んでも良いのです。

人間の感情なんてそんなに上手くコントロールできるものではないのですから、「忘れられない人」への感情が自然に風化するのを待ちましょうよ。
また、彼のことがふいに思い出された時には、無理にその思い出を封じ込めるのではなく、いっそのこと心行くまで思い出してください。

そうすることで、彼との思い出がすっかり昇華され、今の感情から解放される可能性も高いと思いますよ。
ふと思ったのですが、もしかしたらともこさんの中で、その彼との関係において何かやり残したことがあるのかもしれませんね。

だから心の中に、何かモヤっとした感覚があり、今回こちらに恋愛相談されたのではないでしょうか。
例えば、「もっと彼に自分の気持ちを伝えらば良かった」とか「もっと彼のことを信じてあげるべきだった」など。

もしそういう、「やり残したこと」があるのなら、それは次の恋をより良いものにするための糧となることを忘れないでくださいね!
 続きを見る
この相談に回答したカウンセラー
亀岡 さくみ
あなたはあなたでいい★自分と繋がる恋愛相談
カウンセラーの詳細を見る
恋愛ベタなあなたへ-ラブララの恋愛相談で、うまくいかない恋愛もバッチリ解決!!
ラブララ相談員相野 怜佳からの回答
ラブララ相談員の相野怜佳です。
恋愛相談していただきありがとうございます。

好きなわけではない、でも思い出してしまう…私も経験があるのでともこさんのお気持ちとてもよく分かります。
今はっきりと言えることは、彼との修復を選ばなくて良かったということです!!

今ともこさんが彼のことを思い出す時の気持ちは、出逢った頃に感じていたような愛情ではなく、自分のことを傷つけた彼に対する執着心に近いのではないでしょうか。
愛情と執着心は似ているように感じますが、決定的な違いが一つあります。

感じることによって幸せになれるのが愛情。
手放すことによって幸せになれるのが執着心です。

「この気持ちは執着心なんだ!!」と思えるのであれば、勇気を出してこの気持ちを手放しましょう。
新しい素敵な人生に向かって歩いているともこさんにはもう必要のない感情です。

これまで彼のことを考えていた時間を、ご自身のために使うようにしてください。
そして何か新しいことを始めてみて下さい^^新しいことを始めると、新しい考え方が生まれてきます。

この気持ちを手放すことで、新しい出逢いも見つけられるはずです。
輝いている人の元へ、恋愛も仕事も運気も引き寄せられてきます。

ここまで一生懸命彼を愛した自分を褒めてあげて、今回の恋愛相談を機に自分の好きなことに向かって進んでいってください!!
 続きを見る
この相談に回答したカウンセラー
相野 怜佳
恋愛、人間関係、自分らしい生き方探し
カウンセラーの詳細を見る
片思い中のあの人の気持ちを知る方法とは?恋愛相談の実例を無料で掲載中!今すぐCHECK!
よければこの記事をシェアしてください
よければこの記事をシェアしてください
ラブララでは、夫の不倫や浮気、恋愛に悩む多くの女性を、少しでも救いたいと考えています!この記事が面白い・役に立ったと感じたらSNSにシェアしてラブララを応援していただけると幸いです!