誰にも言えない不倫・浮気、復縁、恋愛の電話相談ならラブララ

離婚相談|女遊びで泣かされた元夫が余命宣告。復縁して、最後は一緒にいたい。

「ラブララ」大人の電話相談室では、実際にあった電話相談の内容とラブララカウンセラーの回答をQ&A形式で無料で掲載しています。不倫相談・浮気相談/復縁相談/恋愛相談/離婚相談など、人に相談しにくく深く辛いお悩みを抱えた人のために、ラブララが少しでもお役に立てると嬉しいです。
しずえさん/65歳 染色家
しずえさん/65歳 染色家
元夫と復縁したいと願っています。
相談を聞いてください。


両親から勧められたお見合いの相手で、私が選ぶというより勝手に話が進み結婚しました。

私の元夫は、会社をいくつも経営しているやり手で、何かというと命令するばかりでした。

今の若い女性なら、とっくに離婚でしょうね。

女遊びは当たり前で、何人も付き合っていました。

別れたと思っていても、ズルズル復縁していましたが、今思うとみんな元夫のお金目当てだったのでしょう。

私は趣味で始めた染色が、だんだん口コミで広がり、自分が食べていけるようになったのをきっかけに、45歳のとき離婚しました。

不思議なもので、離婚したら私はイキイキしてきたのに、元夫は元気をなくしていたようです。

復縁していた浮気相手などとも、きっぱり別れていたそうです。

実は、元夫の従姉妹と染色など趣味の仲間で「復縁は考えないの?」と何度か打診されましたが、断っていました。

ところが、元夫が病気で余命が短いことを、最近聞かされました。

「しずえさんに気苦労ばかりかけていたから、自業自得よね。」と従姉妹は言うのですが…。

私の手料理が好きで、外食が苦手だった元夫が、体調を壊したのが心に引っかかりました。

それで「復縁して看護したい。」と思い切って伝えてもらったのです。

でも「弱っているところなど見せたくない。だから復縁しない。」と言われました。

男の意地かも知れませんが、気持ちを変えて復縁してもらい、最後は夫婦らしく終えさせてもらえないかと思います。
夫婦関係が悪化し、離婚の危機⁈こんな時、あなたならどうする?その他の離婚相談をもっと見る⇒
ラブララ相談員相野 怜佳からの回答
ラブララ相談員の相野怜佳です。

20年前に離婚した元夫のご病気を知って、復縁したいというご相談ですね。

しずえさんは同じ女性として、とても生き方が素敵だなと思います。

ほどよく主張し、ほどよく流れに従う感じが、大人の女性のゆとりを醸し出されていますね。

元夫はしずえさんのおかげで、マイペースにお仕事され、成功なさったと思います。

実際の行動はワンマンな元夫ですが、男はそのようにあるべきという時代だったので仕方ないところもありますね。

心のなかでは感謝もされていたでしょうし、本音では復縁したいと思い続けていたかも知れません。

復縁を申し出られたとき「格好の悪いところなんか見せたくない。」と言った元夫さんは、しずえさんを素敵な奥様だったと認めておられると思います。

しずえさんは、長年のワンマンに我慢されてきたということですね。

でも、もうひと頑張りなさって「どうしてもきちんと復縁して、そばでお世話をさせてもらいたい。」と何度も伝えてみてはいかがでしょうか。

「そんなに言うなら、仕方ない。」と言って、復縁を承諾してくれる可能性が大きいと思います。

きっと、元夫だって本当は他の誰よりも、自分のトリセツがわかっていらっしゃるしずえさんにいてほしいと思います。

元夫が喜んだり安心しているのを見ることは、しずえさんのこれからの人生にも、大きな安らぎを得ることができると思います。

この相談をきっかけに、お二人が心を開いて関わってお幸せになって頂きたいと思います。
 続きを見る
この相談に回答したカウンセラー
相野 怜佳
恋愛、人間関係、自分らしい生き方探し
カウンセラーの詳細を見る
様々な離婚の悩みに、実績豊富なラブララのカウンセラーが多数回答中!離婚相談の実例をCHECK!
ラブララ相談員榊 ゆいからの回答
ラブララ相談員の榊ゆいです。余命の少ない元夫さんと復縁をしたいご相談ですね。

元夫さんの女遊びには相当ご苦労されたようですね。しかししばらくの間離婚せずに頑張っていらしたしずえさんを評価させていただきたく思います。

今は趣味の染色で生計を立ててらっしゃるのですね。その趣味が離婚後の収入源になったので本当に良かったです。それにいつかは染色で…という心の支えにもなっていたのではないでしょうか。

さて、元夫さんは余命が短いご状況とのこと。悲しいお話です。若いうちは社長さんという地位もあり、女遊びも命令も思いのまま。結局離婚はしたものの、手料理を好んでくれていたことを挙げているように、しずえさんとしては元夫さんに対して悪いことばかりではなかったことでしょう。

人間はこのような緊急事態になってみて本音が出てきます。「復縁して看護したい」というお気持ち。それはまさにお優しい、しずえさんの心の奥底にある本音。

苦労はさせられてもやはり縁あってご夫婦になられたわけです。情もあるでしょう。元夫さんが男の意地でしずえさんを拒否しているだろう、と感じるのも、ご夫婦としてやってきたからこそ感じ取れること。おそらくそうなんだと思います。

元夫さんは離婚したことをもしかしたら後悔していたかもしれませんね。せっかくこの復縁相談をくださったのですから、ご自分の気持ちに素直に、最初は従姉妹さんにでも付き添ってもらってお見舞いに行かれてはいかがでしょうか。

復縁ということの前に、まずお見舞いだけのつもりで。しずえさんの顔を見れば安心感を得られるはず。現実に絶望しているとき安心感は何よりもの薬です。

どうぞ元夫さんの最期を見届けてあげてください。そうしなければきっと後悔すると思いますよ。元夫さんが少しでも長くしずえさんといられること、心から願っております。
 続きを見る
この相談に回答したカウンセラー
榊 ゆい
あなたに的確な恋愛ノウハウで幸せに導く!
カウンセラーの詳細を見る
ラブララの【離婚相談】で夫婦関係の危機を乗り越える!的確なアドバイスで離婚の悩みもバッチリ解決!
よければこの記事をシェアしてください
よければこの記事をシェアしてください
ラブララでは、夫の不倫や浮気、恋愛に悩む多くの女性を、少しでも救いたいと考えています!この記事が面白い・役に立ったと感じたらSNSにシェアしてラブララを応援していただけると幸いです!